【大阪 淀屋橋・北浜・本町エリア】HANA intelligence歯科・矯正歯科
住所:〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4丁目2−14
WAKITA 藤村御堂筋ビルB1F

睡眠時無呼吸症候群(マウスピース外来)

睡眠時無呼吸症候群とは

眠っている間に呼吸が止まってしまったり、睡眠が浅くなってしまう睡眠時無呼吸症候群ですが、放っておくと集中力の低下や昼間の著しい眠気だけでなく、糖尿病や脳卒中、心筋梗塞などの命にかかわる病気に繋がります。睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状の1つとしては“いびき”があげられます。

軽症から中等症までの「閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」の患者は、マウスピースでの治療の効果を感じやすくなります。

マウスピースの種類

※費用は税抜き価格です。

ソムノデント

ソムノデントは装着時の拘束感を軽減し、装着中に口の中を開いたり、会話や水を飲む事、咳やあくびも自由にできます。また、内面にはストレスを吸収する軟質レジン(樹脂)を使用しているので、脱着も容易に行えます。

ソムノデント ¥150,000
プレオルソ いびき

就寝時に「プレオルソ」いびき マウスピースを装着することにより、いびきや無呼吸の原因となる舌根沈下を防ぎ、それらの症状を改善することができます。さらに、あいうべ体操(いびき体操)、プレオルソを用いたMFTを行うことによって相乗効果が得られます。

プレオルソいびき ¥50,000
HANA intelligenceオリジナルの睡眠時無呼吸症候群対応マウスピース

HANA intelligenceオリジナルのマウスピースになります。

HANA intelligenceオリジナルの睡眠時無呼吸症候群対応マウスピース ¥10,000

保険診療医院と当院の費用の違い

保険診療医院の場合

初診 CT検査(気道確認)、マウスピースの型取り ¥2,400程度
(3割負担)
¥1,600程度
(2割負担)
¥800程度
(1割負担)
二回目 マウスピースの装着、CTによる気道確認検査 ¥14,000程度
(3割負担)
¥9,000程度
(2割負担)
¥5,000程度
(1割負担)
三回目~ マウスピースの調整 ¥600程度
(3割負担)
¥400程度
(2割負担)
¥200程度
(1割負担)
合計金額 ¥17,000程度
(3割負担)
¥11,000程度
(2割負担)
¥6,000程度
(1割負担)

※クリニックによっては歯周病検査やレントゲン撮影を行い、追加で¥2,000~¥3,000程度必要な場合があります。

HANA intelligence歯科・矯正歯科の場合

※費用は税抜き価格です。

初診 CT検査(気道確認)、マウスピースの型取りをスキャナーで行うため、後ほど再利用も可能 ¥5,000
二回目 マウスピースの装着、CTによる気道確認検査 ¥10,000
三回目~ マウスピースの調整 何度行っても¥0
合計金額 ¥15,000

※レントゲンによる患者様の残存歯の検査料金は¥0(初診料に含む)

いびきが気になる方、日中ひどい眠気やパフォーマンスの低下を感じられる方は、ぜひ一度ご相談ください。